『認知症サポーター養成講座』を開催しました

11/29(土)に『認知症サポーター養成講座』を開催しました。

お足元が悪い中、お越しくださったみなさま本当にありがとうございました。
心より感謝申し上げます。

このような会を主催することがはじめての経験でしたので、不安もありましたが、たくさんの方にお越しいただき、本当に嬉しく思っております。

認知症は65歳以上では7人に1人にその症状があると言われております。
また、認知症は高齢者の方だけの問題ではなく、若年性認知症といって18歳~64歳の方でも日本全国では、およそ3.78万人いると推計されています。
認知症の問題を考える上では、ご自身の発症の問題だけはなく、お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんやご近所の方が認知症になった時にどのように接していくべきか、どのような対応を取るべきかという視点で考え、認知症を個人の問題ではなく、地域の問題、社会の問題として捉えることが重要だと考えます。

会の冒頭、このような内容の挨拶をいたしました。
その後、講師の先生に認知症サポーター養成講座としてご講演いただきました。

質疑応答では、「予防の薬はないのか」「認知症を疑う場合はどの病院に行けばいいのか」というご質問がありました。

講師の先生からのお答えとしては、まず一つ目は認知症ではないが、健常者と認知症の人の中間の段階(グレーゾーン)にあたる症状の軽度認知障害(MCI)の方が飲むことによって認知症の症状を予防できる効果が期待される薬が現在、治験(いわゆる臨床試験)の段階にあるとのことです。

そして、もうひとつは、認知症の疑いがあれば、まずは近所のかかりつけ医に行くのが良いとのことでした。しかし、この際には、ご家族の方と一緒に行くということが大事とのことです。
また、質疑応答の際に、「もっと早くにこの講座を受けておきたかった。そうすれば母の認知症により早く気づいてあげられたのに」とのお声もありました。

講座終了後には、会場のみなさまと認知症予防に効果があると言われる運動のコグニサイズをしました。コグニサイズとは、コグニション(認知)とエクササイズ(運動)を組み合わせた造語です。

最後は体を動かし、和気あいあいとした雰囲気になりました。
ご参加いただいたみなさま本当にありがとうございました。

これからも世田谷のみなさまのお役に立てるよう日々の活動に全力で取り組んでまいります。

 

 

※ 認知症サポーター養成講座にご関心のある方は、お気軽にご連絡ください。

連絡先は、03-6322-0575 または kengo@k-tsurumi.net までお願いします。

IMG_0591141124認サポ写真資料説明141129認サポ写真コグニサイズ