企画総務常任委員会に出席しました

昨日(8/27)出席した企画総務常任委員会では、世田谷区が約89%の株式を保有する株式会社世田谷サービス公社の経営状況についての報告を受けました。私からは現在世田谷区が推進しているDXにおいてサービス公社が今後どのような役割を果たすのか、また、将来的な新規事業の展望などを伺いました。サービス公社からは、地域行事などにICT支援の力でお手伝いをできないか検討している等の説明がありました。サービス公社は、地域社会の発展と区民福祉の向上をめざし、公と民の隙間を埋める企業として業務を展開しており、世田谷区からは多くの事業委託を受けています。今後、既存事業の枠組みにとらわれない新規事業開発を期待するとともに、私たちの税金の使われ方をチェックする観点からも引き続きその活動に注目してまいります。