緊急保育の重要性

こんにちは。
つるみけんご(鶴見健悟)です。
ご覧いただき、誠にありがとうございます。

先日、ある子育て中のお母さんから不安の声を聞かせて頂きました。

「現在、子育て中で保育園には入れていません。2人目を妊娠していますが、万が一緊急で入院などが必要な場合、子どもを預かってくれるところがなく、不安です。」というものでした。

そこで区役所に行き、こういった場合にはどのような制度があるのかを聞きました。
また、子育て家庭支援センターにも問い合わせをしたところ、まとめると下記のような内容でした。

◆この場合は、「緊急保育」を利用できる。
緊急保育とは、世田谷区にお住まいの方で、通常はご家庭で育児をしている方が、次のいずれかに該当し、緊急に保育を必要とするときにご利用できる制度です。

  • 保護者が、死亡、行方不明等で不存在のとき。
  • 保護者が、傷病又は出産のため入院するとき。
  • 保護者が、入院する親族の看護にあたるとき。
  • 保護者が、災害復旧活動に従事するとき。
  • 保護者が、親族の葬儀を主催するとき又は出席するとき。
  • 保護者が、裁判員(候補者・補充裁判員を含む)となり、裁判所から来庁を依頼された期間。

この「緊急保育」は、区立保育園では各園1名が定員で、
2週間前から申し込みを受け付けています。

また、「保育園で面接をした後、保育園指定の医師の健康診断を受けていただきます。」となっています。

つまり、出産などで入院があらかじめ決まっている場合には良いのですが、
ご意見をくださったお母さんのようなケースだと、①事前申し込み・医師の診断が必要、
②空きがあるかはその時にならないとわからない、という二つのハードルがあります。

つまり現実的には、この制度はこのお母さんのようなケースを想定していないと考えられます。

とはいえ、区役所の職員さんは、そのような場合でもお気軽にご相談ください。と言ってくれましたので、このような場合にはぜひ、一度区役所または、子育て家庭支援センターまでお問い合わせください。

この課題は、「待機児童」の問題とも密接に関わっていて、保育園がそもそも定員いっぱいの状態であるがゆえに 各園1名しか受け入れができないものと思います。

また、確かに健康診断もほかの子どもの安全を考えて、受けるべきと考えますが、
このような緊急時には保育園の方が健康診断に連れて行ってあげるなどの手助けが出来たらより良い制度になる、とも思います。

現実的には、今の保育園の人手不足の状況では困難であることは承知しておりますが、これからの保育環境の整備を考えるうえで、今回いただいたご意見をしっかりと受け止め、安心して妊娠中の子育てができる状況をつくっていくべきだと考えます。

ご意見をくださったお母さんに、心より感謝申し上げます。

今後もいただいたご意見にしっかりと耳を傾け、一人一人に寄り添う政治の実現を目指して活動をしてまいります。

いつでもお気軽にご連絡を頂けましたら幸いです。

引き続きのご指導、宜しくお願い申し上げます。

 

つるみけんご

“あの戦争は何だったのか”~これからの政治家として~

ご無沙汰しております。つるみけんごです。

国政が非常に慌ただしい中、先週土曜日9月30日、中野区議会議員のひやま隆さん主催の「ひやま隆と区政を語る会特別編“あの戦争は何だったのか”」の司会を務めさせていただきました。

ひやま隆区議会議員は、長妻昭衆議院議員の事務所時代には先輩秘書として私を引っ張ってくれた存在であり、今では私にとって心から信頼できる政治家です。

この会には藤井裕久元財務大臣をゲストとしてお招きし、戦中・戦後の日本についてご自身の経験を踏まえながらご講演いただきました。

沢山の素晴らしいお話の中で、藤井先生が政界の第一線を退いてなお、活動を続ける原点はどこにあるのかというお話が特に印象的でした。

「角さん(田中角栄氏)は本当に平和主義者だった。その角さんがこう言っていた『戦争を知っているものが政治の中核にいる限りは安心だ。戦争を知らない世代になった時が怖いのだ。だから教えてやってくれ。』と。だから私は“近現代史研究会”を12年前に発足させた。」

藤井先生は現在、現役議員や一般の人々とともに、明治から昭和の歴史、特になぜ戦争に突入し、あれほどの犠牲者を出してしまったのかという経緯を研究されています。

戦後政治を支えてきた藤井先生のお話は本当に重みのある、そして、今の政治に警鐘をならす内容でした。

藤井先生の著書「政治改革の熱狂と崩壊」の中の一節に、「『歴史を学ばざるものは歴史を繰り返す』歴史から進歩のための叡智を学び、焦らず、粘り強く、伝えて行きたい。」という言葉があります。

私も今回、藤井先生のご講演を聴いた1人の人間として、過去を学び、歴史を知り、次の世代に平和を繋いでいくための一翼を担える政治家になりたいと心から思いました。

まずはできることから地道に一歩ずつ、前に進んでいきたいと考えます。

引き続きのご指導・ご支援の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

※写真は講演会の様子とかつての事務所の仲間との写真です。

IMG_6662IMG_7754FullSizeRender

世田谷区政情報センターに行ってきました

‪ 今日は朝から区政の資料集めに世田谷区民会館1階の「区政情報センター」に行ってきました。

ここには最新の世田谷区基本計画から古地図に至るまで世田谷のあらゆる情報が満載です。

今日は「世田谷区基本計画」「世田谷区子ども計画」「世田谷区防災街づくり基本方針」の3冊を購入しました。

IMG_5868

IMG_5857IMG_5867

2017都議会議員選挙

こんにちは。
つるみけんごです。

いつもご覧いただきありがとうございます。

ご存知の通り7/2(日)は、都議会議員選挙の投票日です。
明日は選挙戦最終日です。

自民党と都民ファーストの闘いと言われていますが、世田谷区では民進党・公明党・共産党をはじめ無所属の方も数多く立候補し、その想いを各地で訴えています。

世田谷区では18名の候補者がいます。

私はどの陣営にも属していませんが、一都民として改めてこの選挙の重要性を感じています。
豊洲移転問題、加計学園問題、オリンピック・パラリンピックなどについてばかりがメディアでとりあげられていますが、都議会議員選挙は今後4年間の私たち都民の税金の使い道を決め、暮らしと安全・安心を守る議員を選ぶ大切な選挙です。

私は無所属の立場でありますから、これからの選挙とは常に、「政党ではなく、人で選ぶ選挙」であって欲しいと心から願っています。

私が重きを置くべきと考えているのは、やはり子育て政策・高齢者福祉政策です。

特に「子育て支援政策」については、投票先を決める一つのツールである選挙公報においても、
世田谷選挙区の18名の候補者のうち、16人は子育て支援政策に関する記述をしています。

待機児童問題は多くの方が解消に向けて活動したいと記していますが、その一方で「子どもの貧困対策については記述が少ないことが私は気になりました。

下記に選挙公報の各候補者の政策のうち、子育て支援に関する記述を抜粋いたします。
ご参考になれば幸いです。
また、選挙公報も掲載しておきますので、ぜひご覧ください。

2017東京都議会議員選挙(世田谷区選挙区)選挙公報

以下、選挙公報より

■大場やすのぶさん
子育ての経済的負担軽減!私立・小中学校の授業料無償化!

■後藤雄一さん
子育て支援に関する記述なし

■ふじた孝行さん
少子高齢化社会で持続可能な医療や福祉サービスを実現。

■木村基成さん
良質な子育て環境と教育環境
・待機児童解消は、都内一律から各区のニーズに応じた支援を推進
・プログラミング教育、IT教育や英語教育を通じて、世界に羽ばたく人材教育

■伊沢浩美さん
※待機児童に問題に関する記述はありますが、
子育て支援政策というような内容の記述はありません。

■森ふみおさん
・待機児童解消
・シングルマザー対策の充実

■里吉ゆみさん
・保育園増設で一刻も早く待機児童解消を
・35人学級の推進、特別支援学校の教室不足早期解消を

■山口拓さん
・小中学校の給食費等無償化
・公有地活用で待機児童ゼロ
・保育士支援で保育の質確保

■福島りえこさん
教育の機会を増やし、質を高めます。
・公立高校の質の向上
・理数研究校で特色ある教育の実施
・待機児童ゼロに向けた、企業主導型の保育施設設置促進

■桜井純子さん
子どもの貧困をなくす
・教育の完全無償化を実現する
・給付型奨学金制度の拡充と返済中の人への支援

■川合善大さん
世田谷区の待機児童を0にする!
世田谷馬事公苑に90人の保育園を11園つくります。
世田谷区では、0~2歳児の保育施設が不足しています。
馬事公苑委1、2歳児用に企業主導型保育園90人型を11園つくります。(990人の保育)
①病児保育園をつくる
②保育士の給料アップ
保育士の給料を10万円上げ、1日6時間労働(民間のシフトノウハウ)で集めます。(オラ       ンダのfree-town.jpBVで無料募集)
③保育施設で英語フォニックス
LとRを聞き分ける能力は生後9か月まで。ヒアリング力は6歳まで。0歳児は、保護者同伴で      フォニックスなどの基礎教育を行います(保育士不要)。1歳児の入園が確約されると0歳児保      活はなくなり、0歳児問題は解決します。
④世界の皇族・資産家の子弟教育の伝達
首都大学東京理事長島田晴雄氏の協力を得て、2019年に東京で世界幼児教育コンファレン        スを開催します。
⑤保育への参入障壁と戦います
墨田区で認可保育園を10年間経営した経験を活かし、役所や社会福祉法人協議会、福祉医療       機構などの“法に基づかない指導等”で新規参入を阻害している行為と戦います。

■栗林のり子さん
教育支援
幼児教育無償化の完全実施を加速
放課後学習教室の全公立校への設置を促進
子育て
宿泊型の産後ケアセンターを増設
待機児童解消へ保育士の待遇をさらに改善

■小松ダイスケさん
子育て世代負担軽減
・就学前教育の無償化
・都内私立学校授業料の無償化
・病児・病後児保育施設の拡充

■三浦しずかさん
障がい児ファーストで誰にも優しい東京を!
・待機児童ゼロ、大学まで教育費無償!
・シングルマザー/ファーザーへの特別支援!

■ひえしま進さん
教育福祉の充実!
待機児童ゼロ(ベビーシッター費用補助)、いじめゼロ、幼児教育から大学までの無償化、
産科・婦人科の充実

■マック赤坂さん
・年内に待機児童ゼロ
・子供・老人手当月3万円
・いじめ・うつ病・自殺対策

■岡本京子
環境・福祉優先のまち
・子ども食堂などの居場所づくりを支援する
・子どもを受動喫煙から守る条例をつくる

■三宅しげき
・都営団地・公社団地建替跡地に高齢者・保育・障害者施設・運動公園を整備
・都立玉川高校跡地に少年用サッカー・野球グランドを整備の他、都立梅ヶ丘病院の跡地と
同じく老健施設等総合医療福祉センターの実現

以上です。
これらをもとに私もより一層政策の勉強にも力を入れていきたいと思います。
引き続き、ご指導宜しくお願いいたします。

地元駒沢小学校のもちつき大会

今日は朝から、地元駒沢小学校の餅つき大会に参加してきました。
自分がついた餅を子ども達が楽しそうに食べてくれているのはなんとも嬉しいものです!

初めてしっかりと餅をついたので、腕がパンパンですが、やっぱり子ども達の笑顔は最高です!

IMG_3226

地元まわりをしました

昨日は世田谷区内をまわりました。
いつも通り活動は全て自転車です。
暖かい「応援してるよ」の声にまた元気をもらいました。
地元の皆様にはいつも励まして頂いてばかりです。

写真は世田谷区内の生産者の方が育てた綺麗な花と久しぶりに頂いた思い出の味です。

 

 

img_2980  img_2996

落選から1年4ヶ月

昨晩、とても不思議な出会いがありました。

10年近く前からお世話になっており、選挙中にも応援してくださっていた三軒茶屋のある居酒屋さんで、
近くに座っていた若い男性から「つるみけんごさんですよね?」と声をかけていただきました。

話をすると、その方はテレビ制作関係のお仕事をされていて、昨年の6月ごろに、私の活動の柱の一つ「認知症対策」の中で普及活動をしていた認知症予防の運動“コグニサイズ”を、某有名番組で取り上げたいとお電話をくださった男性でした。

当時、まだコグニサイズを実践している人はあまりいなかったので、調べているうちに私のHPにたどり着きお電話くださったとのこと。
その際は落選直後で、実際の活動をお見せできないという理由で取材をお断りさせていただきましたが、私のような無所属で無名の政治家の活動をテレビで取り上げたいとお電話をいただけること自体、大変光栄なことであり、また私の活動を見てくださっている人がいることがとても嬉しかったので、はっきりとお電話の内容は覚えていました。

たった一本の電話でしたが、落選直後に頂いたそのお電話で大変な勇気をもらいました。
応援してくださる方や活動を見てくださる方がいるということは、政治活動をするうえで、この上ない励みになります。

そのお電話をくださった方とまさかこんな形で出会えるなんて、
人の縁というのは何とも不思議なものだな、と感じました。

まもなく落選から1年と4ヶ月が経ちます。

正直なところまだまだ心の整理がつかない部分もありますが、あの落選を決して無駄にしないためにも一歩ずつ、一歩ずつ地に足をつけて前に進んで行こうと思っております。

引き続きのご指導、何卒宜しくお願い申し上げます。
つるみけんご

熊本の現状

こんにちは。

昨日まで夏季休暇をいただき、祖母に会いに熊本に行ってきました。

祖母が住む場所は球磨郡という熊本県の南部にあたるため、4月の熊本地震では大きな被害はありませんでした。

ですが、熊本市から人吉市に向かう途中、地震の被害が大きかった益城のあたりを通った際には高速道路が大きくゆがみ、がれきが積まれ、1車線規制の部分がありました。

また、街を見渡すとブルーシートがかかった屋根があちこちに見えるなど、地震の被害の大きさを実感しました。

実際に被害を目の当たりにすると復興にはまだまだ時間がかかるものと感じずにいられませんが、ただただ一刻も早い復興を願うばかりです。

 

(写真は高速道路に積まれたがれき。もう一枚は、祖母の家の目の前に広がる水田。)

13895001_753500138121203_3574651387928156336_n 14064258_753501234787760_8171306725723886025_n

若い世代の方へ

こんにちは。いつもお読み頂きありがとうございます。

さて、今回の選挙から18歳の方が選挙権を持つことになるわけですが、わからなくてもわからないなりに考えた上でぜひ投票に行って欲しいというのが私の想いです。

もちろん10代だけでなく、20、30代の若い世代の方にも。

仕事が忙しい、どこに入れたらいいかわからない、という気持ちは私もよくわかります。

こんなことを言えばお叱りを受けるかもしれませんが、投票する人が憲法、経済政策、貧困格差対策、子育て支援、エネルギー政策など全てを完璧にわかっているわけではありません。

できる範囲で、選挙公報を読んだり、気になる政治家のホームページを見たり比較したりして、その上で若い世代の方が今の自身の知識と考えを照らし合わせて投票に行くことで、世の中が少しずつ変わるのではないかと思います。

平成26年度の衆議院選挙の20代の投票率は32.58%です。

およそ7割の方が投票していないのです。

もしこの人たちが、選挙に行って投票にするようになれば、それだけで政治が変わる大きなきっかけにります。

政権与党は若い世代の意見を無視できなくなります。

子育て支援についてももっと手厚くしなければ、若い世代の労働環境の整備を急がなければ、若い世代も政治に関心を持ち始めたぞ、という心理が政治の世界に働きます。

期日前投票もあります。
投票自体は5分もかかりません。

皆さん一人一人の一歩一歩で、世の中が少し良くなるかもしれない。次の世代に今より良い社会を引き継げるかもしれない。

私は本気でそう信じているからこそ、若い世代、同世代の政治に関心が薄かった方にもぜひ投票所に足を運んで、大切な一票を投じていただきたいと心から願っております。

「子どもの貧困」セミナーに参加しました

ご覧いただいているみなさま、まずは更新が滞り、誠に申し訳ございません。
また、今現在、ご覧いただいておりますことに心より感謝申し上げます。本当にありがとうございます。

本日は、子どもの貧困に関するセミナーに参加しました。
現場で活動されている方々の貴重なお話が聞けて、とても勉強になりました。
「子どもの貧困」という現実を社会や政治家が一体どれほど理解できているのかを考えさせられます。
詳しいことは後日書けたらなと思っております。

取り急ぎ、つるみけんごは元気ですので、ご報告も兼ねて久しぶりに投稿しました。
引き続きご覧いただけましたら、幸いでございます。
何卒よろしくお願い申し上げます。

つるみけんご