活動報告」カテゴリーアーカイブ

地元まわりをしました

昨日は世田谷区内をまわりました。
いつも通り活動は全て自転車です。
暖かい「応援してるよ」の声にまた元気をもらいました。
地元の皆様にはいつも励まして頂いてばかりです。

写真は世田谷区内の生産者の方が育てた綺麗な花と久しぶりに頂いた思い出の味です。

 

 

img_2980  img_2996

落選から1年4ヶ月

昨晩、とても不思議な出会いがありました。

10年近く前からお世話になっており、選挙中にも応援してくださっていた三軒茶屋のある居酒屋さんで、
近くに座っていた若い男性から「つるみけんごさんですよね?」と声をかけていただきました。

話をすると、その方はテレビ制作関係のお仕事をされていて、昨年の6月ごろに、私の活動の柱の一つ「認知症対策」の中で普及活動をしていた認知症予防の運動“コグニサイズ”を、某有名番組で取り上げたいとお電話をくださった男性でした。

当時、まだコグニサイズを実践している人はあまりいなかったので、調べているうちに私のHPにたどり着きお電話くださったとのこと。
その際は落選直後で、実際の活動をお見せできないという理由で取材をお断りさせていただきましたが、私のような無所属で無名の政治家の活動をテレビで取り上げたいとお電話をいただけること自体、大変光栄なことであり、また私の活動を見てくださっている人がいることがとても嬉しかったので、はっきりとお電話の内容は覚えていました。

たった一本の電話でしたが、落選直後に頂いたそのお電話で大変な勇気をもらいました。
応援してくださる方や活動を見てくださる方がいるということは、政治活動をするうえで、この上ない励みになります。

そのお電話をくださった方とまさかこんな形で出会えるなんて、
人の縁というのは何とも不思議なものだな、と感じました。

まもなく落選から1年と4ヶ月が経ちます。

正直なところまだまだ心の整理がつかない部分もありますが、あの落選を決して無駄にしないためにも一歩ずつ、一歩ずつ地に足をつけて前に進んで行こうと思っております。

引き続きのご指導、何卒宜しくお願い申し上げます。
つるみけんご

熊本の現状

こんにちは。

昨日まで夏季休暇をいただき、祖母に会いに熊本に行ってきました。

祖母が住む場所は球磨郡という熊本県の南部にあたるため、4月の熊本地震では大きな被害はありませんでした。

ですが、熊本市から人吉市に向かう途中、地震の被害が大きかった益城のあたりを通った際には高速道路が大きくゆがみ、がれきが積まれ、1車線規制の部分がありました。

また、街を見渡すとブルーシートがかかった屋根があちこちに見えるなど、地震の被害の大きさを実感しました。

実際に被害を目の当たりにすると復興にはまだまだ時間がかかるものと感じずにいられませんが、ただただ一刻も早い復興を願うばかりです。

 

(写真は高速道路に積まれたがれき。もう一枚は、祖母の家の目の前に広がる水田。)

13895001_753500138121203_3574651387928156336_n 14064258_753501234787760_8171306725723886025_n

《ご報告》現状とこれから

《ご報告》
日頃よりお世話になっているみなさまへご報告です。

落選からまもなく3ヶ月が経ちます。

現在、私は「公務員試験専門 喜治塾・地方行政研究所」で働いております。
塾長であり所長の喜治賢次さんは、地方行政と公務員の育成に長く携わり、内閣府行政刷新会議事務局政策企画調査官を勤めた経験もある方でまさに行政のプロです。
また、選挙前からずっと私を支えてくださっています。

これから喜治さんの下で、地域住民のことを本気で考えてくれる人を全力でサポートし、公務員としての現場に送り出して行くと同時に私自身も地方行政をしっかりと学んで行きたいと思っております

働き始めてもうすぐ2ヶ月が経つものの、新しい環境に社会人1年目の時を思い出しながら、自分の未熟さと正面から向き合っています。

今回落選したことを振り返って、行政に対する知識の不足、社会人としての経験不足もその要因の一つだと思っています。
自分自身に足りなかったものをしっかりと見つめ直し、ひとまわりもふたまわりも成長できるよう、日々精進します。

今後ともつるみけんごをお見守りくださいますようよろしくお願い申し上げます。

※写真は選挙の時の喜治さんとの写真です。

image

世田谷区議会議員選挙最終日

世田谷区議会議員選挙最終日。

本当にたくさんの方に支えられて、この選挙を闘い抜くことができました。
支援者の方、地域の方、街頭演説でお騒がせした駅付近にお住まいの方、学生時代の同級生、幼馴染、インターネット等を通じてメッセージをくださった皆様、このページをご覧いただいている皆様、お支え頂いた皆様にこの場を借りて、心より感謝申し上げます。

今の政治の最大の課題は、政治家が大きな団体や票を持っている組織、献金をくれる企業に対して手厚い政策をする一方で、本当に政治の力が必要な人たちの声が届かないことです。
子育て中のお父さんお母さんや障害を抱えている方、介護をしている方、本当に政治の力を必要としている人たちは議会に陳情に行く時間も余裕もありません。
私はもっともっと地域を走り回って、街頭に立って、皆様から頂いた声がしっかりと届く世田谷区政を目指します。

明日が世田谷区議会議員選挙投票日です。
どうか、つるみけんごを世田谷区議会に押し上げてくださいますよう心よりお願い申し上げます。

お支え頂いた皆様、本当に本当にありがとうございます。重ねて、心より感謝申し上げます。

※政策については下記のURLをご覧ください。
http://k-tsurumi.net/blog/?p=105

IMG_3716

IMG_3558

IMG_3744

選挙終盤~つるみけんごの政策~

選挙も残すところあと二日となりました。
私は自転車に乗って活動をしているため、顔も腕も日焼けで真っ赤になっています。

区議会議員選挙では政策チラシ等を配ることが禁止されています。

つるみけんごの政策は下記にまとめております。今まで政治活動として街頭でお配りしてきたチラシです。

特に下記の中でも「つるみけんご通信vol.4」は、私の想いを込めたチラシです。
ご一読いただければ幸いです。

・つるみけんご通信vol.1 世田谷から未来を変える

・つるみけんご通信vol.2 認知症サポーター養成講座のお知らせ

・つるみけんご通信vol.3 しがらみゼロ!私たちの声を区政に!

・つるみけんご通信vol.4 明るい未来と生きがいのある社会へ

※つるみけんご通信vol.2は昨年開催したものです。ご参考に記載しました。

つるみけんごの「志」

ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

以前、街頭演説中にお声かけくださった方から、なぜ政治の道を志したのか、もっと明確に書くべきだとご意見をいただきました。
つい昨日もボランティアでポスティングを手伝ってくれている友人から、「つるみけんごが頑張っているのはわかるが、なんで政治の道を志したのか」と質問されました。

自分にとって身近で支えてくれている友人にすら十分に想いを伝えられていなかったことをとても反省しています。

「ひとりでも多くの笑顔と幸せのために自分に何かできることはないか、何か役に立てることはないか。その想いから、政治の道を志しました」

これはトップページにも書いてある私自身の言葉です。
しかしこれでは、その男性と友人が言うとおり、なぜその想いに至ったのかわからないと思い、今回改めて文章にしました。

拙い文章ですが、お読みいただければ幸いです。

 

「つるみけんごの志」

1986年、政治とは縁のないサラリーマンの家庭で生まれました。

中学2年生の時、大好きだった父が他界し、人生ではじめてひとの死に直面しました。それが最も身近な父であったことに大きな悲しみと戸惑いがありました。しかし、父の死をきっかけに、家族や友人はもちろん、近所の方など、たくさんのひとに支えられて生きているということを感じるようになりました。

今になって思えば、父は自身の死を通じ、「支えてくれるひとがいることの幸せ」を教えてくれたのではないかと思います。

小中学校、高校や大学、社会に出てから知り合ったひと達に支えられて、28歳になった私は、これからは「ひとりでも多くのひとを支えられる人間、ひとりでも多くのひとの役に立てる人間でありたい」と思っています。
そして、「ひとりでも多くのひとの笑顔と幸せのために自分に何かできることはないか、何か役に立てることはないか」その想いから、政治の道を志しました。

親の所得によって大学や将来を諦める子どもがいない社会にしたい。経済的な理由で子どもを産むことを諦めてしまうひとを減らしたい。介護や子育てに一人で悩む人を減らしたい。働く世代の方の望まない介護離職や育児離職を減らし、安心して働ける社会にしたい。高齢者や障がい者の人たちにとっても安心して暮らせる社会にしたい。震災が起きた時には、地域のひと達が支え合い、助け合う街をつくりたい。

私のようにたくさんのひとや社会に支えられて成長した子ども達や、助けられたひと達が、今度は困っているひと達を思いやり、支える力になる。そしてまた、そのひと達が今度は支える側になる。
そんな思いやりと支え合いの連鎖が、少しずつ社会を明るい未来へとつなげていくのだと思います。

私ひとりで出来ることはほんの些細なことかもしれませんが、ひとりでも多くの方と手を取り合って、今日ではなく明日、1年ではなく50年100年先を見据えて、本当に困っているひと、助けを必要としているひとを支え、子どもたちの明るい未来とすべてのひとに生きがいのある社会をつくるため、つるみけんごは全力を尽くします。

2014年の締めくくり

2014年の締めくくりに、今朝は駒沢大学駅で街頭演説を行いました。

その後、世田谷区内を自転車でまわり、チラシをお配りしました。

年末のお忙しい時にもかかわらず、お声かけくださった皆様、チラシをお受け取りくださった皆様、本当にありがとうございます。

また、日頃からつるみけんごのホームページをご覧いただいている皆様、日々の活動を通じてお支えいただいている皆様にも心より感謝申し上げます。

来年もより一層気を引き締めて活動を続けてまいります。

良いお年をお迎えください。

image

『認知症サポーター養成講座』を開催しました

11/29(土)に『認知症サポーター養成講座』を開催しました。

お足元が悪い中、お越しくださったみなさま本当にありがとうございました。
心より感謝申し上げます。

このような会を主催することがはじめての経験でしたので、不安もありましたが、たくさんの方にお越しいただき、本当に嬉しく思っております。

認知症は65歳以上では7人に1人にその症状があると言われております。
また、認知症は高齢者の方だけの問題ではなく、若年性認知症といって18歳~64歳の方でも日本全国では、およそ3.78万人いると推計されています。
認知症の問題を考える上では、ご自身の発症の問題だけはなく、お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんやご近所の方が認知症になった時にどのように接していくべきか、どのような対応を取るべきかという視点で考え、認知症を個人の問題ではなく、地域の問題、社会の問題として捉えることが重要だと考えます。

会の冒頭、このような内容の挨拶をいたしました。
その後、講師の先生に認知症サポーター養成講座としてご講演いただきました。

質疑応答では、「予防の薬はないのか」「認知症を疑う場合はどの病院に行けばいいのか」というご質問がありました。

講師の先生からのお答えとしては、まず一つ目は認知症ではないが、健常者と認知症の人の中間の段階(グレーゾーン)にあたる症状の軽度認知障害(MCI)の方が飲むことによって認知症の症状を予防できる効果が期待される薬が現在、治験(いわゆる臨床試験)の段階にあるとのことです。

そして、もうひとつは、認知症の疑いがあれば、まずは近所のかかりつけ医に行くのが良いとのことでした。しかし、この際には、ご家族の方と一緒に行くということが大事とのことです。
また、質疑応答の際に、「もっと早くにこの講座を受けておきたかった。そうすれば母の認知症により早く気づいてあげられたのに」とのお声もありました。

講座終了後には、会場のみなさまと認知症予防に効果があると言われる運動のコグニサイズをしました。コグニサイズとは、コグニション(認知)とエクササイズ(運動)を組み合わせた造語です。

最後は体を動かし、和気あいあいとした雰囲気になりました。
ご参加いただいたみなさま本当にありがとうございました。

これからも世田谷のみなさまのお役に立てるよう日々の活動に全力で取り組んでまいります。

 

 

※ 認知症サポーター養成講座にご関心のある方は、お気軽にご連絡ください。

連絡先は、03-6322-0575 または kengo@k-tsurumi.net までお願いします。

IMG_0591141124認サポ写真資料説明141129認サポ写真コグニサイズ