未分類」カテゴリーアーカイブ

第4回定例会にて一般質問をいたしました

【議会報告】
昨日12/5、第4回定例会が閉会しました。
今回の一般質問では災害対策、行方不明者対策、パートナーシップ宣誓制度、以上3点を質問いたしました。
災害対策では台風19号における区の対応について、行方不明者対策では子ども・高齢者・障害がい者等総合的な行方不明者対策の必要性について、パートナーシップ宣誓制度では現制度と制度の本来の趣旨との矛盾点について質問をいたしました。
詳しい内容は、後日一般質問の動画をアップいたします。
YouTubeで第4定例会の報告も行なっております。ご覧いただけましたら幸いでございます。
https://www.youtube.com/watch?v=vCAHm28Tkyc&feature=share


消防団運営委員会等に出席しました

【週末の活動報告】

週末の活動報告です。

11/8(金)は、消防団運営委員会に出席し、来年に控えた2020オリンピック・パラリンピックに向けて機能別消防団員の募集と組織の強化について、都から区への諮問に対して、区としてどのように答申するかの議論をしました。私からは、学生消防団の強化や女性消防団員の募集の強化の重要性について申し上げました。

また、同日午後には、ドットジェイピーの担当者との面会を行いました。ドットジェイピーは、議員事務所での学生インターンを仲介するNPO法人で、若者と政治をつなぐことで

若者の政治への関心を高め、若者の投票率向上を目指しています。

私も世田谷区議会議員に当選させて頂き間もないものの、若い世代に少しでも政治家を身近に感じてもらえるようにとの思いから、夏の8・9月の2ヶ月間学生インターンを受け入れました。この日は、その振り返りを担当者の方と話し合いました。

また、夜は私の政治の師である、ながつま昭衆議院議員の国政報告会に参加しました。この日は、年金や介護を中心に、現在国会で議論されている中身やその問題点についてお話を伺ってまいりました。区議会議員といっても、国政に関するご質問を頂くことは少なくなく、また、区議会の中でも意見書や区民の方からの請願等でも国政に関する内容を取り扱うこともあります。今回は、そうしたことも踏まえ、国会の最新状況を学ぶために参加してきました。

11/9(土)は、HPの打ち合わせを行いました。HPについては近々、より見やすくわかりやすい仕様に改定をする予定ですので、完成しましたらまたSNS等でもお知らせいたします。

11/10(日)は、野沢1町目の防災訓練に世田谷消防団第12分団の一員として参加して参りました。消防団の先輩にご指導いただきながら、今回はじめて町会の方へのスタンドパイプの使い方の指導も行わせて頂きました。スタンドパイプは、道路の消火栓を開けて、スタンドパイプという道具とホースをつなぐことで消火活動ができるというもので、一般の方でも使い方を覚えれば消火活動を行うことができます。通常の火災というよりも大規模災害などで消防署が来れない場合を想定し、多くの方が使い方を覚えておくことが重要です。

世田谷区議会では、再来週の11/26から第4回定例会が始まります。

また、それに向けて来週の11/19が一般質問の質問通告締め切りとなっているため、今日から質問の項目出しに入っています。

質問の日程等決まりましたら、改めてお知らせいたします。

朝晩冷え込む季節になってまいりましたので、くれぐれもお体にお気をつけてお過ごしください。

※写真は11/7(木)の用賀駅の駅頭の様子です。

#世田谷区 #世田谷 #世田谷区議会 #一人ひとりに寄り添う政治を #防災訓練 #つるみけんご

地元の防災訓練に参加しました

【今週の活動報告】

今週は、桜新町駅で朝の駅頭活動を行いました。

また、主な業務としては第3回定例会の整理とまとめ作業を行っておりました。

第3回定例会では本会議での一般質問に加え決算特別委員会で4回の質問を行ったため、それらをチラシにして皆様に報告できるようまとめました。来週には校正を行い印刷に入る予定です。できましたらまたホームページ等に掲載します。

また週末は母校の東京農業大学の収穫祭に合わせて行われたバイオサイエンス学科と植物遺伝子工学研究室のOB OG会に行ってまいりました。

お世話になった先生と懐かしい話をしたり、後輩達と就職活動で大切にすることなどを話したり、楽しい時間を過ごしました。

写真で持っている玉ねぎは、共に研究室時代を過ごした同級生が作った玉ねぎです。

日曜日には、地元野沢4丁目自治会の防災訓練があり、消化器やスタンドパイプ・ D級ポンプを使った消火訓練と炊き出し訓練を行いました。

朝8時前から町会の皆さんにご指導頂きながら準備をして、結果沢山の方にお越し頂けて有意義な防災訓練となりました。

乾燥する季節になってまいりましたので、火の元には十分お気をつけください。

また来週も頑張ります!

#世田谷区 #世田谷 #桜新町 #桜新町駅 #農大 #バイオサイエンス #植物 #野沢 #防災訓練 

緊急保育の重要性

こんにちは。
つるみけんご(鶴見健悟)です。
ご覧いただき、誠にありがとうございます。

先日、ある子育て中のお母さんから不安の声を聞かせて頂きました。

「現在、子育て中で保育園には入れていません。2人目を妊娠していますが、万が一緊急で入院などが必要な場合、子どもを預かってくれるところがなく、不安です。」というものでした。

そこで区役所に行き、こういった場合にはどのような制度があるのかを聞きました。
また、子育て家庭支援センターにも問い合わせをしたところ、まとめると下記のような内容でした。

◆この場合は、「緊急保育」を利用できる。
緊急保育とは、世田谷区にお住まいの方で、通常はご家庭で育児をしている方が、次のいずれかに該当し、緊急に保育を必要とするときにご利用できる制度です。

  • 保護者が、死亡、行方不明等で不存在のとき。
  • 保護者が、傷病又は出産のため入院するとき。
  • 保護者が、入院する親族の看護にあたるとき。
  • 保護者が、災害復旧活動に従事するとき。
  • 保護者が、親族の葬儀を主催するとき又は出席するとき。
  • 保護者が、裁判員(候補者・補充裁判員を含む)となり、裁判所から来庁を依頼された期間。

この「緊急保育」は、区立保育園では各園1名が定員で、
2週間前から申し込みを受け付けています。

また、「保育園で面接をした後、保育園指定の医師の健康診断を受けていただきます。」となっています。

つまり、出産などで入院があらかじめ決まっている場合には良いのですが、
ご意見をくださったお母さんのようなケースだと、①事前申し込み・医師の診断が必要、
②空きがあるかはその時にならないとわからない、という二つのハードルがあります。

つまり現実的には、この制度はこのお母さんのようなケースを想定していないと考えられます。

とはいえ、区役所の職員さんは、そのような場合でもお気軽にご相談ください。と言ってくれましたので、このような場合にはぜひ、一度区役所または、子育て家庭支援センターまでお問い合わせください。

この課題は、「待機児童」の問題とも密接に関わっていて、保育園がそもそも定員いっぱいの状態であるがゆえに 各園1名しか受け入れができないものと思います。

また、確かに健康診断もほかの子どもの安全を考えて、受けるべきと考えますが、
このような緊急時には保育園の方が健康診断に連れて行ってあげるなどの手助けが出来たらより良い制度になる、とも思います。

現実的には、今の保育園の人手不足の状況では困難であることは承知しておりますが、これからの保育環境の整備を考えるうえで、今回いただいたご意見をしっかりと受け止め、安心して妊娠中の子育てができる状況をつくっていくべきだと考えます。

ご意見をくださったお母さんに、心より感謝申し上げます。

今後もいただいたご意見にしっかりと耳を傾け、一人一人に寄り添う政治の実現を目指して活動をしてまいります。

いつでもお気軽にご連絡を頂けましたら幸いです。

引き続きのご指導、宜しくお願い申し上げます。

 

つるみけんご